医療法人 古瀬医院 稗原町,出雲市,島根県 内科、循環器内科

施設、設備など

外観

 

外観

周辺を田んぼに囲まれ、すぐ隣が神社(市森神社)とその鎮守の杜となっており、すばらしい自然の中にあります。


院内

 

待合室

奥のほうに畳もあります。やはり畳はくつろげると好評です。

地元の方、ゆかりのある方の絵画なども展示させて頂いています。

医療情報だけでなく、地域に関連した新聞記事やポスターなども掲示しています。 

 

診察室

モニターを一緒にご覧いただきながら、検査結果や治療方針などについて、丁寧に分かりやすく説明するように心がけています。

 

点滴室

処置室も兼ねています。2ベッドご用意しています。

 

検査、診療機器など

レントゲン撮影装置

デジタルX線画像診断システム(CR)です。フィルムを現像する手間がなく、撮影から画像が得られるまでの時間が大幅に短縮されました。また、過去の画像との比較が瞬時にできるようになりました。患者さんをお待たせする時間が短くなり、その分、診察そのものに使える時間が長くなったのも利点です。

 

 

心電図

心電図は心臓の基本的検査のひとつで、心臓の電気信号をとらえて表示するものです。これもデジタル化され、過去のデータとの比較が簡単にできるようになりました。

 

超音波診断装置(エコー)

超音波を利用して体の内部を検査する機器です。心臓、肝臓、膵臓、腎臓、胆のうなど、胸部や腹部の観察のほか、血管の狭窄や動脈硬化の発見にも役立ちます。最新の装置で非常にきれいな画像が得られ、的確な診断に貢献しています。

 

動脈硬化判定検査 (CAVI, ABI)

心臓から足首にかけての大動脈の硬さ(CAVI)や狭さ(ABI)を測定する機器で、動脈硬化の程度が判定できます。四肢の血圧を測るだけの簡単な検査です。動脈硬化の早期診断や経過観察に有用ですので、糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満、喫煙習慣など、動脈硬化の危険因子を持っておられる方は一度受けられることをお勧め致します。

 

睡眠時無呼吸症候群の検査 (睡眠ポリグラフィー)

睡眠時に何度も呼吸が止まるのが「睡眠時無呼吸症候群」です。夜間十分に眠れないため昼間に居眠りをしてしまうことのほかに、睡眠中に呼吸が止まることで心臓や血管に負担が掛かり、高血圧、心臓病、脳卒中など重篤な病気の原因になることが分かっています。いろいろな治療法もありますので、睡眠中に呼吸が止まる、いびきをかくと言われている方は是非一度この検査を受けることをお勧め致します。スタッフまでお気軽にご相談ください。

 

血液検査

血液検査は基本的に外部の検査会社に解析を委託していますが、緊急性のある一部の検査(貧血、炎症、血糖値、インフルエンザウイルス、心筋梗塞マーカー、血液のサラサラ具合など)は院内でも測定可能です。

 

在宅診療用の検査機器

心電図や超音波診断装置(エコー)は、通常のものに加えて、持ち運べる機器も保有しています。コンパクトで、いずれも白衣のポケットに入る大きさです。在宅診療の現場で大きな戦力となっています。

併設する施設など




更新日:2019-06-30